マイクロスコープの使い方

マイクロスコープの使い方

マイクロスコープという顕微鏡を進化させたようなものを見た事がある方は居ると思います。

これは製造業の工場や、食品会社、繊維や化学製品などの品質チェックや検査などに良く使われるものです。

様々な製造品の色ムラやキズ、分析に幅広く使われていますから大体の会社には置いてあるはずです。

マイクロスコープは人間の肉眼では確認できない小さなものを鮮明に見る事が出来ます。

顕微鏡と同じではないかと感じてしまうと思いますが、確かに顕微鏡と言えばそうなのかもしれませんが、それとはまた違う装備がありますのでこれがあれば大体のものは分析できるのではないでしょうか。

高画質のカメラや照明、かなりの倍率のレンズでケーブルでつなぎ、パソコンやテレビの画面に表示できますからとても便利で大切なものです。

その画のですね。

肉眼では見えない世界

例えば、自分の手が乾燥などで荒れていて保湿クリームなどである程度治したとします。

見た目荒れた肌をしていなければそれは良い結果なのですが、もし乾燥が酷くどんな肌になっているのだろうと思えばマイクロスコープで自分の手の表面を見てみるとどんなふうに見えるのでしょうか?

何もそこまでする必要はないかもしれませんが、こうした細かな肌の表面まで見る事ができてしまうのです。

恐るべしマイクロスコープですね。

もしかしたら、見えなくてもいいものまで見えてしまうかもしれません。

マイクロスコープの購入サイト

肌は別の問題にしても、商品としてお金を取るものには出来るだけの注意を払わなければなりませんから、こうしたマイクロスコープの様なものは各製造の世界にはなくてはならないものではないでしょうか。

先ほど肌の事に触れましたが、化粧品を製造する世界でも成分の細かな分析には欠かせないものですよね。

化粧品に含まれる肉眼では見えない細かな粒子も見る事ができますしね。